借金返済が遅延するとどうなるのか?

MENU

借金返済が遅延した時にすることとは?

キャッシングローンなど即日融資など簡単にお金を借りることができ、まるで自分のお金であるかのような錯覚を起こしてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

実はわたしも急にお金が必要になってキャッシングを利用したことがあります。毎月きちんと返済をしていたのですが、ある日キャッシング会社が1通のはがきがきました。開いてみると「延滞遅延金」が発生しているではありませんか!返済日にわたしの口座から引き落とせなかったと言うのです。延滞の督促状です。家族にはバレすに済みましたが内緒で借りたのでヒヤヒヤしました^^

 

慌てて口座をチェックすると1円不足だったんです。よって返済日に返済することができず、「延滞遅延金」が発生することになったんです。金融会社からお金を借りると決められた期日に返済しなければいけません。

 

しかし返済日翌日から「延滞遅延金」が発生します。返済日に返済しなければ、返済する日まで「延滞遅延金」がかかります。「おっと忘れました」ならいいですが、「今は払えない・・・」と遅延するのが分かっていたら、事前に金融会社に連絡をいれましょう。

 

でなければ金融会社からの催促は段々厳しくなり、督促状や電話があります!そうなるとせっかく内緒で借りたのにバレたり、あなたへの信用はガタ落ちです。さらに遅延すると裁判所から「支払い督促状」が届き差し押さえなど最悪のケースになります。返済が遅れる場合には前もって連絡を入れるか、延滞したら出来るだけ早く何時いつまでに返済する趣旨の連絡を入れることが大切です。

 

お金借りる内緒 TOPページ